夏が嫌い

ようやく、あまり得意で無い夏も終わり、一安心というか、憂鬱になるネタが一つ減ったという感じだ。寒いのは、暖かい服などを着込めば、何とかなるのだが、暑いのは、裸になっても暑いので、対処のしようが無い。そう思うのだが、暑いのが好きな人には、暑いこと自体が心地良いのかもしれない。
子供の頃は、それほどでも無かったのだが、年をとるにつれて、元来、運動が苦手のため、激しく体を動かすことが少なくなり、汗をかくようなことが減り、だんだん、汗をかくこと自体が嫌いになり、汗をかいた状態が、気持ち悪いという風に思う様になった。この当たりから、どんどん夏が嫌いになっていったような気がする。特に、日本の夏は、湿度も高いため、汗が乾かず、いつまでも、ベターッとしているのも好きでは無い。と、言うことで、夏は、こもりがちになるのだが、それでも今年は良く外に出た方だと思う。汗をかく機会を増やせば、変わるのでは無いかと思ったのだが、今のところ、まだ、効果は薄いようだ。また来年、がんばろう。
だからといって、冬が好きなわけでは無い。寒い冬に、雨など降ろうものなら、たまったもので無く、また、引きこもりがちになる。結局の所、出不精なのだ。
気持ちの良い季節は、いつも短い。今のうちに、できるだけ出掛けるようにしよう。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress & The Best MLM Companies