人に伝えるという事

秋なんてものを、ろくに感じる暇も無く、寒くなってしまった。夏よりは、冬の方が好きなのだが、やはり、寒くなるとどうしても出不精になってしまう。しかし、家にじっといるのは、どうも健康的では無い。体重も少し増えてしまった。
選挙戦もたけなわだが、出不精を押して外出したのに、駅前のあの騒がしさには、ちょっと閉口する。特に最近は駅前にビルがたくさんあったりして、周りに反響しまくるので、割と静かに演説していても、ガンガンにうるさい。ふと思うのだが、あの駅前の演説は、どれ程の効果があるのだろうか?候補者に興味の無い人は、五月蠅いと感じるだけで通り過ぎてしまうだろうし、真面目に聞いている人がいるとすれば、それは、すでにその人に投票しようと考えている人では無いだろうか。元来、聞く気のない人に、何かを聞かせるというのは非常に難しいものだ。増しては、聞く気のない人に、中身をチャンと理解させ、同意させるなどと言うことは、不可能に等しい。最近、”コミュ力”なる言葉があるが(コミュニケーション力の略らしい)、人と人がチャンとコミュニケーションをとるのは、かなり難しい。なぜなら、相手に何かが伝わるのは、相手次第であり、自分側には主導権は無いからだ。相手が聞く気が無ければ、こちらがいくら一生懸命に話しても理解してもらえ無い。完全に相手主導だ。全く聞く気の無い部下に説教している上司の体で、ただ空しいばかりだ。最後には、”何で分からないんだ!”と怒鳴ってしまうことになる。
選挙期間の間に、たくさんの場所で演説しまくり、最終日のインタビューではほとんど声が出なくなっている候補者が非常に多いが、それは、もしかしたら、話を聞いてくれない有権者に苛立って、怒鳴りまくっているせいなのかもしれない。

You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “人に伝えるという事”

  1. Saved as a favorite, I really like your web site!

Leave a Reply

Powered by WordPress & The Best MLM Companies